安い家庭用脱毛器は効果なし?【解説】値段の差はどうやって決まる?

ムダ毛について

安い脱毛器と高い脱毛器って何が違うのかな?

やっぱり、値段が高い方が脱毛への高価は高いのかな?

安い脱毛器買って効果なかったら嫌だしな・・・。

と、家庭用脱毛器の値段の差って気になりますよね。

勝手なイメージですが、値段が高い方が特殊な機能がついて脱毛効果が高いのでは?

なんて、誰もが思ってしまいそうですが・・・。

値段の高い方が効果があると勘違いして購入してしまうと、

高い買い物をしてしまったってだけで損してしまう可能性も・・・。

今回は、

  • 家庭用脱毛器の値段の差は何?
  • 家庭用脱毛器を購入する時のポイント
  • 予算に合わせたおすすめの家庭用脱毛器5選
    7万以下(2商品)
    5万以下(1商品)
    3万以下(2商品)

こんな感じで解説していきたいと考えています。

結論から言えば、

家庭用脱毛器の値段の差は『ブランド』です。

しっかりと家庭用脱毛器の商品の特徴を調べて見ると同じ性能でも安いモノがたくさんありますよ!

とくに、ブランドにこだわりがない人には、新しい家庭用脱毛器を知るチャンス!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

家庭用脱毛器の値段の差は何?

家庭用脱毛器の値段ってこんな感じで値段の差がピンキリ。

この値段の差は、ブランド力です。

性能はそれぞれに小さな違いはあるものの、大きな差は少なく

使いやすさやキャンペーンの付属品などに注目して選ぶのがおすすめ

実際、スマホも大きな値段の差がありますよね。

iPhoneだと10万以上、同じ性能のAndroidなら7万程度

と性能に大きな差はないですがスマホの値段の差もブランド力ですよね。

ただ、家庭用脱毛器の場合ブランド力がある方が

  • 口コミ数が多い
  • いらなくなったら売れやすい

というような魅力はありますが、最後までしっかりと使う場合はあまり考えなくてOKです!

家庭用脱毛器を購入する時のポイント

家庭用脱毛器を購入する時のポイントは2つ

  • 価格(予算)
  • 知っている会社の商品

このあたりを押さえて自分が納得できるモノを選ぶのがおすすめです!

では、詳しくそれぞれのポイントを押さえていきましょう!

価格(予算)

家庭用脱毛器の選び方としては、予算も重要です。

予算オーバーのモノだと、購入できるまでの期間が長くなってしまいます。

私が始めてケノンを購入したのは、10年前なので今ほど、

家庭用脱毛器はメジャーではなかったのですが、今はたくさんの会社から

安くて高性能な家庭用脱毛器はたくさん販売されています。

ムダ毛の悩みは1日でも早く解決するのがおすすめ!

無理しない程度で購入できるモノを早くかって始めた方が満足度が高くなりますよ!

知っている会社の商品

最近は、自宅でムダ毛の処理をするのがメジャーになりつつあります。

そのため、家庭用脱毛器自体はいろいろな会社から発売されています。

Amazonでしらべてみるとわかりますが、

家庭用脱毛器だけで、値段がピンキリでたくさんの種類が発売されています!

数多くある中から選ぶ時のポイントとして、

出来るだけ自分の知っている会社のモノを選ぶ様にするのがおすすめ!

知らない会社のモノでも、1度は調べてみて信頼できそうであれば買ってOKです!

よくわからない会社で買うのは、

壊れやすい原因だったり、買ったあとの満足度にも影響するので、

出来るだけ知っている会社から発売されている脱毛器を選ぶのがおすすめ!

予算に合わせた家庭用脱毛器5選!

今回おすすめする家庭用脱毛器は

  • 脱毛ラボ ホームエディション
  • ケノン
  • トリア
  • 光エステ
  • エピレタ

それぞれ予算が7万、5万、3万なので、自分が無理せずに購入できる商品を探してみてください!

【予算7万】脱毛ラボ ホームエディション

大きさ/重さ 13.0×8.0×5.0cm/277g
照射口 4.16㎠
脱毛方式 IPL方式
照射回数 30万発
連続照射 ボタンの長押しで可能
冷却機能 あり
照射部位 全身(IO込み)
付属品 12980円分の美容グッズ
例)・シェーバー
  ・ボディクリームなど
商品の特徴
  • 冷却なしに脱毛ができる
  • デリケートゾーン脱毛が安心して出来る

脱毛ラボ ホームエディションのおすすめは

  • 小回りがきいて使いやすい
  • VIOまで使える
  • ボタンひとつで簡単に使える

難しい操作がなく、コンパクトでかなり使いやすい脱毛器です!

VIOに使うことも公式自体がOKしているので安心して使えるのもGood!

予算が許すのであれば、ホームエディションが個人的には1番おすすめ!

【予算7万】ケノン

大きさ/重さ 28.5cm×21.5cm×9cm/2.4kg
照射口 9.25㎠
脱毛方式 IPL方式
照射回数 スーパプレミアム:50~300万発
連続照射 3、6回
冷却機能 なし
照射部位 全身(IO除く)
付属品

スーパープレミアムカートリッジ
スキンケアカートリッジ
保証1年
サングラス
専用ポーチ

保冷剤

商品の特徴
  • カートリッジが交換出来る

ケノンのおすすめポイントは、

  • 交換用カートリッジがある
  • 口コミが多いので安心
  • 家族とシェアで何回も使える

ケノンの最大の魅力は、交換用カートリッジが豊富なこと。

カートリッジの種類の交換によって、頑固な脇やヒゲの脱毛にも効果があります!

ケノンは家庭用脱毛器の老舗でもありますし、口コミの多さも他の商品とは比べものになりません。

ブランド力も高く、迷ったら「ケノン」にしておけば間違いなし

【予算5万】トリア

大きさ/重さ  W 8.0cm ×D 12.0cm ×H23.0cm
約584g
照射口 1㎠
脱毛方式 レーザー方式
照射回数 無限
照射部位 全身(IOを除く)
付属品 本体ケース
価格 40,530

トリアのおすすめポイントは、

  • 家庭用医療レーザー
  • レーザーのため回数無制限

美容皮膚科でしか取り扱いのない「医療レーザーを家庭用に」のため、

フラッシュでの脱毛に効果を感じなかった方におすすめです!

レーザーを使用しているため使用回数は無制限!

購入すると壊れるまでずっと使い続けられるので家族とシェアするのもよしです!

【予算3万】光エステ パナソニック

大きさ・重さ

高さ16.3×幅6.9×奥行4cm

220g

アタッチメント種類 ボディ用
フェイス用
付属品 保証:メーカー保証1年
照射回数 30万回
照射面積 5.4㎠
照射間隔 2.4秒
照射頻度

2週間⇒腕、脚、脇、Vライン、ボディ、女性フェイス
3日おき⇒男性のフェイス

*効果がないとき3日おき使用可能(個人差に注意)

価格 17,900円(参考価格)

パナソニック 光エステのおすすめは、

  • 誰もが知っている「パナソニック」の商品
  • 皮膚科医の監修の元、製造されている
  • 3日に1回のペースで使用できる

日本の大手メーカーのため、安全性を求める方にはかなりおすすめ

皮膚科医が監修していることもあり、家庭用脱毛器の安全性はかなり高くなっています。

パナソニックの脱毛器は毎年発売されていますが、

型落ち品を狙えばかなり性能もあまり変わらない上、価格は半額以下なのでかなりおすすめです!

【予算3万】エピレタ アイリスオーヤマ

大きさ

幅約13.0x奥行約8.0x高さ約5.0

照射口サイズ 2.7c㎡
脱毛方法 フラッシュ方式(IPL方式)
照射回数 15万回
価格 12800円

家庭用脱毛器での最安値といえば、エピレタ。

エピレタの特徴としては、

  • 1万円台と破格の家庭用脱毛器
  • アイリスオーヤマからの商品

照射回数は少なめですが、初期費用の価格の安さには叶いません。

すぐにムダ毛の処理をしたいと考えている方にはめちゃおすすめです!

まとめ*家庭用脱毛器の値段の差はブランド名!

今回は、家庭用脱毛器の値段の差によって効果は変わるのかについてまとめていきました。

家庭用脱毛器の値段の差は、ブランド名です!

ブランドによっては商品の差が大きく変わらないのに、

新作がでると低コストになるものもたくさんあります。

家庭用脱毛器は高いのじゃないと効果が・・・。っていうことはありません。

高価なイメージの強い家庭用脱毛器ですが、

知っている会社でも安価に買えるものはたくさんありますよ!

高くて買うのを我慢して、脱毛を始めるのが遅駆なってしまい、

悩みを放置するくらいなら、安価で手の出やすい脱毛器も検討するのはありです!

脱毛は1日でも早く始めた方が悩みは減りますからね!

購入を先延ばしにしちゃ手も、「ムダ毛どうしよう」の悩みはつきもの

ぜひ、家庭用脱毛器選びの参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました