ケノンとパナソニック光エステ【5項目で比較】初心者におすすめ脱毛器はどっち?

ムダ毛について

自宅でする脱毛に「ケノン」か「パナソニックの光エステ」

どっちの方が私には合っているのかな?

ケノンは口コミをよく見るけど、光エステはあまり口コミが少ないし・・・。

詳しく、知りたいな。

お家で手軽に、ムダ毛のお手入れが簡単に出来るという理由で、

家庭用脱毛器が大好きな私が最新の情報を盛り込んで解説していきます!

ケノンかパナソニックかで悩んでいるあなたに

  • ケノンと光エステどっちを選ぶべき?
  • ケノンと光エステを5項目で比較
  • ブランド力×満足度⇒ケノン
  • 価格×始めやすさ⇒光エステ
  • 私が買うなら「光エステ」

こんな感じでまとめていきます。

結論から伝えれば私のおすすめは、

手頃なお値段から購入出来る光エステ(パナソニック)です!

家庭用脱毛器の購入に悩まれている方ぜひ参考にしてみてください!

ケノンとパナソニック光エステどっちを選ぶべき?

結論、

光エステ(パナソニック)を選びましょう。

ケノンよりおすすめの理由は、

  • 光エステは機種(型番)が多く、旧モデルだと安い
  • パナソニックなので安心
  • 1人で使用する回数では充分

ケノンは、家庭用脱毛器としては老舗のブランドですが、会社名を知らない方も多いはず。

知らない会社から購入することに不安を感じでいる方は、パナソニックはかなり安心出来ます。

パナソニックの光エステには、4機種発売されています。

  • ES-WP82
  • ES-WP81
  • ES-WH96
  • ES-WH76

今回は、ES-WH76とケノンで比較していこうと思います!

その他の機種が気になる方は、パナソニックの光エステでの機種を比較した記事を書いているので参考にしてみてください。

【比較表】ケノンとパナソニック 光エステ(ES-WH76)

 

ケノン

パナソニック 光エステ
大きさ・重さ

28.5cm×21.5cm×9cm

2.4kg

高さ16.3×幅6.9×奥行4cm

220g

アタッチメント種類

スーパープレミアムカートリッジ

 

ボディ用
フェイス用
付属品

保証:2年3か月
サングラス
保冷剤
専用ポーチ

保証:メーカー保証1年
照射回数 50万~300万回 30万回
照射面積 9.25㎠ 5.4㎠
照射間隔 7秒 2.4秒
照射頻度

全身(IOラインを除く)
1週間に位階

2週間⇒腕、脚、脇、Vライン、ボディ、女性フェイス
3日おき⇒男性のフェイス

効果がないとき3日おき使用可能(個人差に注意)

価格 69,800円 17,091円

この表だけ見てもあまりわかりにくいのが実際。

と言うことで、今回は以下の項目での比較をしていきましょう!

  • 価格
  • 使いやすさ
  • 使用できる部位
  • コンパクトさ
  • 家族と使いやすさ

機能やスペックで比較しても『結局、どーなのよ。』が実際。

より、購入者の視点に合せて比較していくので参考にしてみてくださいね!

【5項目で比較】ケノンVS光エステ

価格

価格で選ぶなら断然、「パナソニックの光エステ」

ケノンと光エステの価格を比べるとこんな感じ

ケノン  光エステ
69,800円 約17.000~70,000円台

ケノンの価格は固定ですが、

光エステは価格に大きな変動があります。

光エステの場合、型落ち品というモノが存在するため

型落ち品を狙えばかなり安く脱毛が始められちゃいます。

脱毛自体の性能も大きく違っていないので最新版を購入する必要もないですしね!

何よりも、日本の大手ブランドの脱毛器が1万円台で買えるのは魅力的です!

使いやすさ

使いやすさで比較すると、やはり値段の高いケノン!

残りの使用回数や、照射レベルがパネルに表示されるから。

光エステは30万回使用できますが、残りの照射回数がわからないので、

ある日突然、「使い切った」って感じ。

ですが、30万回ってなかなかなくならない回数ではあるので、

よく使っている人でも10年くらい先な気がしますが・・・。

その頃には、寿命かな?なんて感じですし、そこまで使っていたら

毛の生えてくるスピードも気にならなくなっていると思うので、

総合的に判断すると、「光エステでもいいじゃん」になりそう!

使用できる部位

こちらに関しては、引き分け。

ケノン 光エステ

IOを除く全身

照射間隔*1週間おき

IOを除く全身
照射間隔*最低3日おき

使用できる部位はどちらも同じですし、

照射間隔は光エステの方が3日おきとペースは速いのですが

使用部位、使用ペースに関しては購入者であるあなた自身が、

リスクを許容出来るのであれば毎日使っても問題ありません。

実際、ケノンを毎日使ってもやけど等のトラブルがない人がいるのも事実

自分に合った使い方を見つけて使うのが1番です!

コンパクトさ

光エステの方がかなりコンパクト

ケノンは照射する部分と、本体は別々。

ケノンはコレが意外と大きいですし、重さもかなりあるところ。

本体を持ち運んで部屋の好きな場所で脱毛するにしても一苦労。

片付けや出し入れのしやすさ、片手で運べることを考えると

私は「光エステ」がかなりおすすめ !

家族との使いやすさ

家族で一緒に使うなら、絶対にケノン!

脱毛器を家族で一緒に使う場合、ケノン以上の優れものはありません!

その理由は、

  • 交換用のカートリッジで清潔
  • 交換用カートリッジで回数無制限

交換用のカートリッジを使えば「照射回数が足りない」の心配不要!

子どもと一緒に使いたいや兄弟と使うと決まってるのであれば、「ケノン」が確実におすすめ!

「脱毛器2つ自宅にあっても気にしない」という方は、

それぞれ自分専用に光りエステを2台購入してもいいかもしれませんが・・・。

家族で一緒に使う場合を想定するのであれば、私は「ケノン」一択です!

【結果】ケノンと光エステを比べてみた!

  ケノン 光エステ
価格 ×
使いやすさ
使用できる部位
コンパクトさ
家族とシェア ×

ひとつひとつ、検証した結果「光エステ」の方がかなりオススメ!

私自身、

  • ひとり暮らし
  • 少しでも安く脱毛を始めたい
  • 脱毛ができるならブランドにこだわらない

こんな感じの性格なので、今脱毛器を買うなら断然「光エステ」です!

【ケノンがおすすめ】ブランド力×家族とシェア

大きさ・重さ

28.5cm×21.5cm×9cm

2.4kg

アタッチメント種類

スーパープレミアムカートリッジ

 

付属品

保証:2年3か月
サングラス
保冷剤
専用ポーチ

照射回数 50万~300万回
照射面積 9.25㎠
照射間隔 7秒
照射頻度

全身(IOラインを除く)
1週間に位階

価格 69,800円

今回の比較では

負けてしまったケノンですが、家庭用脱毛器の先駆者であることは事実です。

購入者の多さや口コミの多さではどこにも負けない脱毛器なので、

「ケノンを買っとけば間違いなし」です!

今回においては家族とシェアして使うとなれば最高の1台!

とりあえず、家庭用脱毛器に悩んだら人気商品のケノンはおすすめです。

【光エステがおすすめ】コスパ×始めやすさ

大きさ・重さ

高さ16.3×幅6.9×奥行4cm

220g

アタッチメント種類 ボディ用
フェイス用
付属品 保証:メーカー保証1年
照射回数 30万回
照射面積 5.4㎠
照射間隔 2.4秒
照射頻度

2週間⇒腕、脚、脇、Vライン、ボディ、女性フェイス
3日おき⇒男性のフェイス

*効果がないとき3日おき使用可能(個人差に注意)

価格 35,840円

今回の比較では、勝者になった「パナソニック光エステ」

なんといってもその魅力は『価格』

国内の大手メーカーであり、不安要素が少なく実店舗でも買えるのも魅力。

「脱毛器は高い」のイメージが壊れて、アルバイト収入の学生さんにもおすすめ!

ケノンを買うのに半分はたまったけどあと半分。あと半年は我慢。

と購入に悩んでいるのであればその半分の値段でも充分に買えちゃう

「光エステ」はかなりオススメですよ!

1日でも早く始めた方が、ムダ毛の悩みの解決になりますよ!

まとめ*ケノンと光エステを比較した結果、光エステがおすすめ

今回は、家庭用脱毛器の「ケノン」と「パナソニック光エステ」を比較しました。

5項目で比較した結果、

「光エステ」の方が初心者におすすめの脱毛器でした!

その理由は、値段がお手頃で始めやすいから。

ムダ毛に悩んでいるなら、お手軽に買えるモノを選んで1日でも早く始めちゃうのが勝ち!

安いっていっても大手日本メーカーのパナソニックだし!

不安な部分はほぼなしってところもかなり魅力!

1日でも早く始めて、ムダ毛の悩みを解決しちゃいましょう!

\詳しく見る/

タイトルとURLをコピーしました